jpeg画像に直接タグキーワードを埋め込む方法

スクリーンショット 2016-01-09 04.15.36.png

無料アプリPicasaで、jpg画像に検索ワード直接埋め込み

すげー久しぶりの更新。

タグ検索は非常に便利でWEBサービスでは当たり前の機能だが、デスクトップでも活用したいと思いファイル名やスポットライトコメント、スマートフォルダなどで検索を便利にしてきた。
以前から「直接jpg画像にタグを埋め込めたら便利だよな」と考えていたが、実は知らなかったのは俺だけで、とうの昔に存在していた。今回はそのjpegのタグキーワードを簡単に一括変更できるツールを探しての旅になった。結論から先に言うと「Picasaアプリ」で簡単に実現できた。そこに気がつくまでの経緯を掲載した。

windows時代にPicasaアプリとiPhotoとを並行して使っていろいろ比較していたのだが、その時に不便だったのはそれぞれのアプリでタグを設定しても両者ではタグ設定を共有できない事。それぞれで同じ設定を2回する必要があるのだ。
その時はどちらもタグはPC上に保存していると思いこんでいたのだが、実はPicasaは直接jpgにタグキーワードを埋め込んでいたのだ。今になって初めて気がついた。

今回いろいろ試したのは、
1. OSX プレビューアプリ
キーワードを簡単に追加削除できるが、複数画像一括での変更に対応していない

2. Autometarで一括設定
海外サイトからプラグインを探してきたが、単独変更はできたが、複数一括変更がうまくいかなかった。OSバージョンの問題なのか。

3. 有料アプリ
OSX有料アプリではよさげなのがあったが、有料なのであきらめた。GPS情報の削除追加
Photo Meta Edit(開発: Tranquillity Base)480円。安いが細かい出費はやめておこう。以前に比べて開発者がアプリでペイできるいい時代になってきた気がするが、ユーザーとしては無料で探したい。

4. 無料アプリ
日本、海外とも含め、いろいろ検索はしてみたが、イマイチいいアプリがヒットしなかった。GPS情報を編集できるアプリは多数あるので、多分もっとディープに探せばキーワード編集も一緒にできるアプリはあるだろう。

5. 無料アプリNicon ViewNX2
そこで思い出したのが、以前スマホのGPS情報をjpgに書き込むのに使っていたニコンのアプリ。
当時もこのアプリにたどり着くまでも、いろんなアプリを試して試して試して、海外物ばっかりでOSとバージョンが合わずバグったりとかスゴい探すのに苦労した。なんとか無料で日本製で大手メーカー製で信頼できるアプリにたどり着いた。
で、これでメタデータ編集できるだろうと開いてみたらやはりできる。簡単にできる。複数設定も簡単にできる。しかしインターフェイスにセンスがなくてやる気が出ない(笑)。ぜいたく言い過ぎか。

6. 無料アプリPicasa
そこでハタと思いついたのがPicasa。とうとう結論にたどり着いた。冒頭に書いた通り、アプリ上でタグ編集するとjpg画像に直接書き込んでくれる。以前はデスクトップアプリはWindows版しかなくて、Mac用はアップローダー的な簡易アプリだった。すでに標準でiPhotoがあるから開発してなかったんだろう。しかし今はWin用と同等のアプリになっていた。
今回なんでPicasaにピンときたのかというと、さっきWin時代に撮影した画像のメタデータを調べてみたら、なぜか既にタグキーワードがjpgに書き込まれていたのだ。そこで当時使っていたPicasaに思い当たったのだ。PC上でタグデータを管理してるだけかと思ってたら、実は直接ファイルに書き込んでいたのだ。
早速ダウンロードして使ってみたら、インターフェイスも、Webサービスばりにシンプルで分かり易い。これで全てが解決した。

Web時代なのでググれば大概の事はすぐわかるんだが、今でもまだこんなに情報が少ない事があるとは思わなかった。jpg メタデータ キーワード一括編集 に絞って検索すると、非常に有用な情報が少ない。

この記事へのコメント