tumblrが広告収入を得られるパートナーシッププログラムを準備している

正月早々tumblrのアカウントが消去されてしまい、散々でした。

さて、別のアカウントを整備していたところ、tumblrが広告収入を得られるパートナーシッププログラムを準備している事を初めて知りました。ネットニュースは毎日チェックしてるのに、こんな情報は初耳です。

「外観を編集」の設定を選ぶと、広告に関する設定ができていました。「広告」と「アフィリエイトリンク」です。

広告 > ブログ内広告 Tumblr内の広告を許可します。
アフィリエイトリンク > アフィリエイトされていないリンクをTumblrのアフィリエイトリンクに変更する
独自のアフィリエイトコードを使用している場合は、そのまま使用してください。

そして、以下のページでパートナープログラムについて触れていました。
ブログ内広告
Tumblrに広告が表示されるのはなぜですか?
広告を展開することは、収入が得られるパートナーシッププログラムに参加するための第一歩です。
https://www.tumblr.com/docs/ja/partnerprogram

以下、内容をそのまま引用しました。
Tumblrに広告が表示されるのはなぜですか?
広告を展開することは、収入が得られるパートナーシッププログラムに参加するための第一歩です。

広告はどこに表示されますか?
現在、広告はTumblrブログの3つの場面で表示されます:
メインページ(cheezbort.tumblr.com)Optica(デフォルト)テーマを使用している場合
ウェブのスライドアウト
モバイルアプリとモバイルウェブ

Tumblrの広告を非表示にするには?
Webの場合:
Tumblrの設定に移動します。
適切なTumblrブログのスイッチをオフにします。
近日中に、モバイルアプリからも利用できるようになります。

広告設定がオフになっているのはなぜですか?
すべてのユーザーには、Tumblrの広告をオプトアウトする権利があります。一部のTumblrブログで、頻繁に自傷やその他の不適切なトピックを投稿しているものについては自動的にオプトアウトされる仕組みになっています。
一部の広告のみを表示させることはできますか?
現時点ではできません。将来的にはできるようになる可能性もあります。

Tumblrブログで表示される広告から収入を得ることはできますか? 支払いの仕組みはどうなっていますか?
現在開発中です。ご利用規約ももうすぐ登場します。

パートナーブログラムの対象者は?
現在対象者と参加資格について協議を重ねているところです。

広告でいくらの収入を得ることができますか?
その他の内容も現在検討しています。

独自の広告を使用している場合、それを使用することはできますか?
はい。できます。ですがこれらは公開されているページでのみ使用できます。パートナープログラムはウェブのスライドアウト、モバイルアプリ、モバイルウェブでのインプレッションで収入を得ることができます。

昨年、まとめサイトがコピペ問題でガタガタになって、たくさんのまとめサイトが閉鎖されてしまいました。収益化の道を断たれてショックだった人もいたのではないでしょうか。tumblrで公式に収益化できるようになれば、ブロガーにとっては嬉しい春の知らせですね。

〈外部サイトの関連記事〉2017/6/21
米ヤフーによるTumblr買収、なぜ失敗に終わったのか?:11億ドルにおよぶ失策の顛末
http://digiday.jp/platforms/nobody-at-yahoo-understood-tumblr-why-marissa-mayers-big-bet-on-tumblr-never-panned-out/