iPhone4用のバッテリー内蔵ケースが安いが、Dockコネクタが使えなくなる

battrty_img02.jpg

iPhone5やiPhone6 Plusは下取りに出したのでもう手元に残ってないんだが、一番使えないiPhone4だけが残る事になった。バッテリーもだいぶへたってきてるので、充電ケーブルをちょっと抜いたらすぐにバッテリー切れになってしまう。最近の用途としては、時々アナログTV出力ケーブルをつないで、ネット動画を古いテレビに映して見るくらいのものだ。

半年くらい前だか、冷やかしで「iPhone4のバッテリーケースってまだ売ってるのかな?」と楽天とAmazonで探したら、1000円前後で売っていた。で、今日になって「よし買ってみるか」と思い立った。バッテリーケースに入れたまま、アナログTV出力ケーブルにつないで使おうかと思ったのだ。

改めて調べたら、楽天には「synapse JP-1300」というケースが送料無料980円で売っていた。日本総発売元のサイトもまだあり(情報が古いまま更新されていないが)、製品的には信用できそうだ。楽天のユーザーレビューも概ね好評だが、1点だけ「ラバーコーティングが経年劣化でベトベトしてる」という口コミが乗っていた。デッドストックの在庫をずっと売ってるためなのだろう。しかしこれもググったらラバーコーティングのベタベタは「重曹で拭いたらスッキリ取れる」との事。


Amazonでは、「アリスティ AL04iK」という製品が350円+送料525円で売っていた。この製品はユーザーブログに「初期不良で交換したのに2回もマイクロUSBの差し金が外れた」とのクレームが載っていた。ちょっと製品的には心配だ。

安心が欲しければ、日立マクセルブランドのバッテリーケースが2000円というのもある。

iPhone4ケース端子穴なし.jpg

さて、ここまで調べて、自分の思い込みに初めて気がついた。もちろんバッテリーケースにもiPhone4のDockコネクタと同じ位置にDockコネクタがついていると勝手に思っていたのだ。しかし全製品の写真をもう一度よく見てみると、全製品がDockコネクタは塞がっているのだ。充電はマイクロUSBを使って充電するらしい。つまりケースに入れたままでは、アナログTV出力は不可能なのだ。

あー、残念。まあ1000円レベルだから、買っておいても悪くはないのかなーとも思うのだが、iPhone4自体がいつまで持つかもわからないので、無駄な買い物はやめておいた。多分、もう今の在庫が売り切れたら、どの製品も2度と手に入らないと思うので、iPhone4と4sユーザーは、ラストチャンスかもよ!?