Googleカレンダーを日記として活用できるアプリ(2)完結編

前回の記事へのアクセスがこのブログ内では比較的多いので、皆さん悩みは一緒なのだなぁと思いました。さて、今回はいよいよ完結編です!!Googleカレンダーと愛の戦士たちよ永遠に。
〈前回のこのブログの記事〉2015年02月06日
Googleカレンダーを日記として活用できるアプリ(1)
http://admin-admax.seesaa.net/article/413602813.html
前回はそれほど納得できる結論を得られず、とりあえず感が満載でした。しかし今回は当方としては納得の結論を出しました。先に結論を述べると

Googleカレンダー+Googleドキュメント+運用方法の工夫で全部解決、簡単アクセス!!

となります。GoogleのアプリならスマホでもPCでもどんな環境でも無料で何台でも同じ操作方法で運用できます。他のアプリはデメリットばかり目について、イマイチだと思います。他の方法のデメリットを列挙してみると、

他のアプリはデメリットがいっぱい!!

(1)まず、Evernoteなどの他のアプリは使用方法が煩雑でイマイチ操作方法に馴染めない。
世間のPCパワーユーザーはEvernoteイチ押しですが、当方もFM-7時代からのPCユーザーなのでまあまあのユーザースキルだという自負があるのにもかかわらず、Evernoteは文章が増えすぎるとゴチャゴチャして見るのもいやになります。
(2)この手のアプリはPCにファイルを置きつつクラウドと同期しているので、HDDの容量を食います。かなり重くなってきて、これが気に食わん!!Onenoteも似たり寄ったり。
(3)しかもEvernoteの無料版は台数制限が出来てしまいました。端末2台までなんて不便過ぎて使えない!!
(4)iPhoneやPC独自の日記アプリもありますが、他の端末と互換性がないものもあり、データ活用できない。

というわけで「Googleカレンダー+Googleドキュメント」が日記としての利用価値が一番高いと判断しました。さて、このGoogleドキュメントの日記をGoogleカレンダーで毎日簡単に呼び出す運用方法を次のように考えました。

Googleカレンダーから日記を毎日簡単に呼び出す運用方法とは

日記ファイルは毎日1ファイル作成してもいいのですが、それだと毎日URLをコピーする作業が発生します。そこで当方は1ヶ月1ファイルで運用しています。これなら月初にURLを1回コピーしておけばいいだけです。

(1)まずGoogleドキュメントで「10月の日記」を作成して共有URLリンクを取得します。
(2)次にGoogleカレンダーで1個だけ予定を作成します。予定の名称は「日記のURLメモ」など適当な名称をつけておきます。この予定の「説明」に先ほどの日記の共有URLリンクをペースとしておきます
(3)次が重要で、10月1日〜10月31日までの期間指定の予定を作るのです。こうすれば10月カレンダーのどの日を表示しても「日記のURLメモ」が予定として一番上に表示されるので、そこからURLをクリックするだけで日記を呼び出して編集できる状態となります。
(またはこの予定を毎日「繰り返し」の設定にしておくという方法もあります)

この方法のメリットとしては
(1)Googleのサービスは、PCでもスマホでもあらゆる端末で使える
(2)Googleドキュメントなので画像の挿入も可能
(3)Googleドキュメントなので共同編集も可能
(4)Googleドキュメントなので全文検索可能
(5)クラウドなのでローカルの容量を消費しない

などなど、シンプルなのに良い所だらけです。

Googleカレンダーの予定に直接日記を書くといずれ検索できなくなる

特に(4)の「全文検索可能」は重要です。以前はGoogleカレンダーの予定に直接日記の文章を記入していたのですが、この方法だと古い予定は検索が不可能になってしまいます。Googleカレンダーは未来の予定を管理するソフトなので仕方ないのでしょう。過去は振り向かないのです。

Googleカレンダーだけであらゆるファイルを一元管理して呼び出そう

以上の方法を、Googleドキュメントだけでなく、別の予定も作成してGoogleフォトなどいろんなURLを入力しておけば、Googleカレンダーだけで様々なサービスが一元管理して呼び出せるようになります。
(日記の文章が短めの人はGoogleスプレッドシートの方が使いやすいかも)

Googleカレンダーにリンクを貼り付ける方法は前回も紹介しましたが、毎日簡単に呼び出せるようにするという運用方法が今回の提案となります。いかがでしょうか。一度お試しあれ。