iPhoneで超簡易フィルムスキャナを自作しよう!

s2017_1123_1947_IMG_0003.jpg
iPhoneでフィルム撮影。iPhone5の箱が撮影にちょうどいい高さ。今回撮影しているのはネガフィルムではなくポジフィルムです。

3900円のフィルムスキャナは画質が悪かった!!

久しぶりの更新です。実は先日、格安でコンパクトなフィルムスキャナ「ケンコートキナー KFS-500mini」を3900円で購入してしまったのです。しかし送料と消費税払ったら計4,698円になってしまい、なんかダマされた感が漂うw。

s2017_1114_2200_IMG_6166スキャナ.jpg

さてこの製品、スキャンはボタンをクリックしたら一瞬で、中にはデジカメが入っているようです(ラインスキャナではなく、デジカメのCMOS)。しかし解像度は高いものの画質が悪すぎて、明るい部分は白トビ、暗い部分は黒ツブレしてしまい、階調が残っていないのでフォトショップで補正しても何も出てきません。撮影時には色調補正ができないのです。そしてフィルムの押さえがゆるふわなので、クルっとたわんで撮影されてしまいます。フィルムがたわんでるので、センターにピントが合わないような気もします。

スマホの方が100倍画質がいい気がする

これじゃiPhoneのカメラの方が100倍くらい性能がいいよなぁ。実はスマホでフィルムを撮影するための、ライトボックス付きの小型暗室箱「Lomography iPhone and Android Film Scanner」が6000円くらいで買えるのですが、箱に6000円出すのもなぁ。

scanner23.jpg

ネットで検索したら撮影箱を自作してる人もいました!!材料は東急ハンズとかに行けばいくらでも手に入るとは思いますが、木やプラスチックで作ってしまうと、フィルムを傷つけてしまいそうで心配です。傷防止でスポンジシールとか貼っておけばいいのかな。

iPhoneの箱を超簡易スキャナ台にする

「家にあるものでなんか代用できないかなぁ」と一週間くらい考えていて、やっと今日閃きました。iPhoneを買った時の箱がサイズぴったりです!!特にiPhone5の箱が焦点距離ぴったりな気がしました。

s2017_1123_1731_IMG_3199.jpg

家にライトボックスがあれば、その上にフィルムを乗せて、iPhone5の箱を置いてその上にスマホを乗せて撮影します。箱には写り込み防止で黒い紙を巻いた方がいいでしょう。

家にライトボックスがない人は、昭和生まれならガラステーブルくらいはありそうなので、ガラステーブルに白い紙を置いて、下からデスクライトで照らせば簡易ライトボックスの出来上がりです。平成生まれの人は何か他の方法を考えましょう。

※参考までに、AmazonでLEDのライトボックス(ビューアー)を検索してみた所、従来品は6000〜15000円なのですが、USB電源のA4サイズなんかだと2000〜3000円の商品もありました。

さて、早速フィルムのスキャン撮影テストです

2017_1123_簡易フィルムスキャナーB.jpg
iPhone撮影時にフィルム合わせで拡大すると1.7倍のデジタルズームになってしまい、解像度的にはKFS-500miniよりも落ちてしまうのですが、色調の再現力は断然iPhoneの方が上ですね。見ただけで一発でわかると思います。

2017_1123_簡易フィルムスキャナーC.jpg
スキャン撮影したままの状態だとこんな感じです。KFS-500miniの方は黒く潰れ気味ですが、後から色調補正すれば明るくはできます。撮影時には補正できません。iPhoneの方は撮影時にタッチパネルを触れば露出補正ができてしまうので、適正な明るさで撮影できるので楽チンです。

2017_1123_簡易フィルムスキャナーD.jpg
KFS-500miniは自動露出なので全く調整できないのですが、フィルムを差し込んでいる最中にちょうどいい露出になる事が一瞬あり「あ、そこ、そこ!!」と思うんですが、フィルムがセンターにセットされるとおかしな所に露出が合ってしまい、最終的にはこの写真のように看板のネオン文字が飛んでしまいました。
多分内蔵のCMOSはそこそこの性能を持ってると思うので、ソフトウェアさえちゃんとしてればなぁ。iPhoneの方はそつない仕上がりです。

2017_1123_簡易フィルムスキャナーE.jpg
ガンダーラ、ガンダーラ♪
撮影時に適正な光量で撮影されたフィルムだと、どちらでも問題ないスキャン仕上がりですね。

というわけで、5000円前後のフィルムスキャナの性能はこんなレベルなので、買おうと思ってた人はスマホで済ませちゃいましょう!!もっと高画質でスキャンしたい人は、EPSONのフィルム対応スキャナが安いランクなら2万円で買えるので、EPSON買っちゃった方がいいと思います。プロに任せたい人は、富士フィルムがフィルムのデジタル化サービスをやっているので、フィルム1〜2本ならプロに頼んだ方が安く上がります。

結論としては、フィルム撮影の選択肢は
(1)ケンコートキナー KFS-500miniを購入する(約5000円)
(2)スマホ用の暗室箱Lomography iPhone and Android Film Scannerを購入する(約6000円)
(3)iPhoneをパッケージ箱の上に乗せてフィルム撮影する(0円)
(4)EPSONのスキャナを購入する(最安モデル約2万円)超高画質!!
(5)富士フィルムにデジタル化を依頼する(基本料金1080円+フィルム1本単価842円〜)解像度がやや低め(高解像版はめちゃ料金高い!!)。
さあ、ファイナルアンサー?