インターネットFAX「efax」の解約方法と秘密のプラン

図表05_2018_0328B_ハロウィン城のコスプレ女子三人娘.jpg

インターネットFAXという便利なサービスがありますが、ご存知ですよね。
この記事では、
◎ インターネットFAXの選定から契約まで
◎ 「eFAX」の解約方法
◎ 外部非公開の「eFAX」の秘密のプラン
を報告します。年寄りなのでちょっと話しが長くなってます(笑)
※この記事は2018年8月現在の情報です。ご注意ください。

学校の家庭連絡網にまだFAX使ってるの!?

若い人だともうFAX知らない人もいるのかな?と思っていたら、ちょっと前のニュースで学校の家庭連絡網(休校などの一斉連絡)にいまだFAXを使っている地域もあり、無理やりFAXを買わされて怒ってる親御さんの話しがネットで話題になりました。

「この世からFAXを消し去ってください」匿名ブログが話題に 小学校の欠席連絡はどうすればいい

これももう一年くらい前の情報です。すでに連絡網はLINEグループなどに移行しているかもしれませんね。今後FAXの需要はますます減少する一方でしょうか。


ポケベル早打ち選手権時代にはFAXブームも到来

昭和の時代の子供は、家が個人商店の家庭くらいしかFAXを見たことなかったでしょう。私はサラリーマン家庭だったので、新卒で就職した会社で初めてFAXを見ました。

その後平成に入って「おたっくす」ブームがあり、当時の学生は普通にファックスでメール代わりに遊んでいたようです。それももう20年前のポケベルの時代の話しなので、懐かしい記憶です。「おたっくす」のCMはSMAPが出演していました。そういえば21世紀に入るとFAXでインターネットができる「Lモード」っていうサービスも登場して消えていきましたね。

図表03_2018_0816_SMAPのおたっくすクラブ.jpg


個人事業主になりインターネットFAXを検討

私が個人事業主になった2010年頃は外部の会社に机を借りていたので、出先でもパソコンやスマホのメールでFAX受信を確認できるインターネットFAXを契約しました。検討の際にググった所、希望に該当するサービスとしては、
(1)インターネットFAXサービス
(2)電話回線にFAXアダプタを接続してインターネットFAX化する
の2種類がありましたが、後者は個人事業主にはちょっとハードルが高く、まずはFAXアダプタを4万円ほどで購入した上でさらに月々サービス料も払うという、まさしくザ・法人向けというオフィス機器リースに近いようなサービスであり、最低でも2回線以上必要で一般の家庭回線には対応していなかったと思います。個人SOHOには適していませんでした。

その他には、
3)法人電話・ネット回線のオプションでインターネットFAX提供
というのもその後登場してきたと思いますが、1回線の個人事業主は相手にしてくれず、法人の営業部隊がターゲットのように思えました。


今ではスマホ受信できる家庭用FAX機がある

今となっては、価格の安い家庭用FAXにもスマホ連携のメール転送機能がついているので(2014年頃から発売)、スマホアプリでFAXを確認する事が可能になっていますから、
(4)スマホ連携機能付きFAXを購入する(3万円前後)
という選択肢もあります(これには、家庭電話の音声通話着信をスマホで受信できる機能がある機種もあり、スマホでマイクつきイヤホンを使えばハンズフリーで会話が出来るようになり大変便利です。Bluetoothのマイク付きイヤホンならハンズフリーも実現できます)。

図表04_2018_0810Z_タブレットでFAX受信する女子.png

また現在では、
(5)家庭向けの光回線のプロバイダがオプションでインターネットFAXを提供
というサービスも聞いた事があります。


東京03番号が使える「eFAX」と契約した

結局、当時の私の場合は(1)のインターネットFAXサービスしか適した選択肢がない状況だったので、乱立するインターネットFAXサービスから、適したサービスを探す事になりました。当時は5社くらいの中から比較検討しました。
◎ 月々の基本料金があまり高くないこと
◎ FAXの送受信が無料でできればなおOK
◎ FAX番号は東京(03)が選択できること
という条件で探して、最終的に「eFAX」と契約する事にしました。他社はFAX番号が050や020始まりだったりとか、FAX送信料金が基本料とは別途だったりなどで、選考から外れる事となりました。他社サービスだと、条件や相性によっては特定の取引先には送受信不能のケースもあるそうなので不安がありました。従来の国際電話回線を活用した「eFAX」ならそんな事もなく、一番安心でベストな選択でした。国際電話なのになぜ安くなるのか?それは謎ですね。ググってみてください(笑)。

契約当初は月々1000円だったので「まあちょっと高いランチ食った料金だと思えば」と思っていたのですが、その後1500円に値上がりしてびっくりしました。1500円といえばこれもそれ程高くない気もしますが、しかし比率でいえば当初の1.5倍です。いきなり1.5倍はちょっと高いよなぁ。


5年後、ほぼFAXは利用せず解約を検討

そうこうしている内に、当初はFAXを利用していた仕事も、最近ではすっかりサーバー経由でPDFのやりとりをするようになり、インターネットFAXはほぼ使わない状態で料金だけ払っているという無駄な経費となってしまいました。「解約しなきゃ」と思いつつも「でもたまにFAXくるかも」と思うとなかなか重い腰があがりませんでした。

実は契約当初からも、それほどFAXを活用していたわけではなく、月に数枚受信する程度だったのですが、やはりビジネス上は名刺にFAX番号が必要だなと考えていました。しかし5年たったら全くFAXを使う事がなくなりました。というか既にこの2年くらいは受信も送信も0件です。
長い目で見たらどう考えても、スマホ対応の最新FAXを購入して、自宅で受信した方が得策です。いや、もうそもそもFAX自体必要ないとも思えます。


eFAX」の解約方法が見つからない?


解約電話を掛けると勧められる秘密のプランとは

※執筆ちう